WordPress の自動更新に失敗しました。

WordPress のバージョンアップに失敗した。
2013年8月4日に日本語版がリリースされて、所有サイトを順次更新中のところ『自動更新に失敗した』サイトの2つ目と成りました。

然し8サイトはストレスなく更新出来ましたから、何らかの要因が原因だとわかってきた。
当初はサーバーを疑いましたが、同じサーバーでトップレベルにあるサイトは問題なし。 http://amadeusrecord.info/

1004671_10201830892082998_437452928_n

最初に失敗したサイトは、revision.php が作れなかったとエラーメッセージにあったのでダッシュボードでの自動更新では無しに、新しいバージョンをダウンロード。revision.php だけをアップロードしてみました。
するとどうだろう。エラーメッセージの内容が変わった。Setupがおかしいと言ってきた。

一つ一つ潰していても時間が必要だと思いがしたので、wp-includes フォルダをそっくり入れ替えるとエラーが消えてログインできた。
表示されたデータベースの更新を済ますとダッシュボードでは「WordPress の自動更新に失敗しました。」と再度、更新を要求しているもののバージョンは 3.6 に成っている。

トラブルがなかったサイトでも新機能であるリビジョンを最初に試した時には、ページがないとサーバーの404に飛ばされた。
その後は順調です。こうした不安定さはマイナーアップデートで攻略されるだろう。

同時にもう一つが自動更新に失敗して今、対応中ですが3つのサイトに共通しているポイントが見えてきた。

  • .htaccess がない。
  • 2010年に作った WordPress 2.8.2-Ja
  • サブドメインで運営されている

サーバーのphpのバージョンも影響してはいないかと推測しているところです。急ぎでないサイトはマイナーアップデートを待つとして、要因を追求してみたい。